2歳の平均身長

image 2歳の平均身長はどの程度のものか、しっかりと知っておきたい人もいるでしょう。しかしこの平均身長はばらつきも多く、双子や三つ子などで生まれた場合、もともとが小さかったりするので、その変動も激しいものとなります。2歳の平均身長はあくまで目安程度と考えておきましょう。
2歳になったばかりの頃の平均身長 男子:80cm〜91cm、女子:79cm〜89cm
2歳から2歳6か月までの平均身長 男子:81cm〜92cm、女子:81cm〜91cm
2歳6か月から3歳までの平均身長 男子:85cm〜97cm、女子:84cm〜96cm
となっており、2歳の平均身長だけでも15cm以上の伸びをしていく年頃だという事が分かります。 1年で15cm以上も身長が大きくなれば、それは一目瞭然と言えるほどですね。 しかしあくまで2歳の平均身長は目安でしかないので、お子さんの身長があまり伸びなくても、それが深刻でない場合は、悩まないようにしましょう。

4歳の平均身長

image 4歳の平均身長ともなれば幼稚園に入る年齢です。まだまだ4歳の平均身長というのも成長期ですから十分に伸びていく可能性を秘めています。今まで小さかった子であっても4歳の内にかなり伸びていくこともあるでしょう。 4歳の平均身長はおおよそ男子も女子も1m前後と言ったところです。生まれてから既に50cm以上も身長が伸びてきているのは、大人の基準で考えると驚きとも言えるのではないでしょうか? 4歳の平均身長で1mほどであり、これが4歳から5歳になるまでは110cmほどにまで伸びていきます。まだこの年であっても、十分に身長は伸びるので、平均身長よりも下だからといって心配しすぎないようにしていきましょう。 4歳の平均身長ではまだ男子の方が身長が高くなっていきます。まだまだこれから伸びていく可能性も十分に秘めた成長時期ですから、この段階でも平均身長はあくまで年齢の目安としておきましょう。 今はまだぐんぐん身長を伸ばすような栄養を取らせてあげる事が大切です。

2歳・4歳の平均身長