中学生の平均身長

image 中学生の平均身長で大きな特徴となる点は、小学校高学年の時は、女子の方が男子よりも身長や体格が大きかったものが、今度は男子が追い抜いていく番となる点です。 中学生では男子は体つきもかなり変わってきますから、平均身長もまた伸び、大人に近い体格になっていくのです。中学生の平均身長は、 中学生1年平均身長 男子:152cm、女子:152cmと中学入りたての頃はあまり差がありません。 中学生2年平均身長 男子:160cm、女子:155cmと中学2年ほどですでに男子は女子よりも大きくなっていきます。 そして中学生3年ほどにもなれば、中学生3年平均身長 男子:165cm、女子:156cmとなって完全に男子が女子を上回る形になっていきます。 この段階でもまだまだ身長は伸びていく可能性を秘めています。 中学生の平均身長ともなれば、かなり大人に近い身長になっていけると言えるでしょう。 この中学生の平均身長より明らかに下回っている場合は、低身長症の可能性もあるので注意が必要です。

高校生の平均身長

image 高校生の平均身長ともなれば、十分に大人と同じ程の体格を持っていると言えるでしょう。今まで平均身長が追い付けなかった人であってもまだ十分に取り戻すことができる可能性はあります。 高校生の平均身長は 高校生1年平均身長 男子:168cm、女子:157cm 高校生2年平均身長 男子:170cm、女子:157cm 高校生3年平均身長 男子:170cm、女子:158cm と、高校生の平均身長だけを見るとあまり伸びていないという事が分かるのではないでしょうか? もちろんこれはあくまで高校生の平均身長でしかないので、高校生の間に一気に身長が伸びるという可能性も十分にあり得るのです。 高校生の平均身長は、ほぼ大人の体格と同じといってよいでしょう。男女別で見ると、男子の方が早く身長が伸びていくことが分かると思います。 小学生の頃は身長が低かったという場合であったとしても、高校生にもなれば急激に伸び出すという子も少なくないようです。

中学生・高校生の平均身長