身長

image 身長について悩んでいる人が多いと言われています。身長の中でも特に子供の発育、子供の身長についてどうしても悩んでしまうという人が多く、そのためにさまざまな身長を伸ばすためのサプリメントが発売されています。 この身長を伸ばすためのものは、マスコミやインターネットなどによって、安売りされてしまっている感じがあるようですけれども、実際に身長が伸びた結果があるという話もたびたび聞かれています。 身長については例えば小学校低学年の場合、1年間の伸び率が4cm以下であった場合、低身長であるといわれています。 特に身長でも第二次成長期の身長の伸びはあまり個人差がないと言われています。第一次性徴期にいかに身長を伸ばせるかが重要になっていると言います。 特に身長を伸ばすためには、第一次性徴期にいかに不規則な生活をしないか、ストレスがないようにしたいかを心がける事です。 身長が伸びない場合は、遺伝についてや両親の身長、ご自分の生活について考える必要があるでしょう。

平均身長

image 平均身長が、身長についての基準と指標を決めるものとして注目の存在となっています。 現在日本人の平均身長は男性が171cm、女性が158cmと言われています。この数値は日本人の過去30年間で男性・女性ともに約5cm伸びたと言われています。 昔に比べると、現在はカルシウム食品など伸長に関する食品や飲料も多く市場に出回っていますので、 やはり栄養面などで大きな進歩があったとも考えられますね。 しかし平均値よりも著しく小さい場合、低身長であるという事を伺う必要があるでしょう。成長期の子供が、何らかの原因によって、平均身長よりも低い場合の事を低身長であると言われています。 平均身長よりも80%以下の慎重しかないという場合は、低身長であるという事を疑う必要があるでしょう。 平均身長よりも遥かに身長が低いという場合、それは時としてコンプレックスになるとさえ言われています。平均身長よりも下回る場合、何かしら原因があると言われています。 平均身長よりも身長が低いと、タンパク質不足、そして不規則な生活と言ったものが理由として考えられるでしょう。 平均身長はあくまで指標に過ぎないかも知れませんが、身長の場合はしっかりと意識しておいた方が良いでしょう。 平均身長よりも明らかに低いという事は、そののちの成長に対しても大きな差が出てくるのです。

身長と平均身長