低身長症

image 低身長症というものが、お子さんが身長が低い時についつい疑ってしまう症状の一つです。特に低身長症で子供の身長が低い場合は、専門医に相談しておいた方が良いと言えるでしょう。 低身長症にも様々なものが存在しています。まず低身長症の一つ成長ホルモン分泌不全症低身長症というものは、成長ホルモンの分泌が悪く背が伸びない場合です。 続いて低身長症と考えられるものに、ターナー症候群というものは、生まれついての低身長症で、染色体に欠損があります。これは特に女児の低身長症によって見逃さないような必要があります。 低身長症には他にも軟骨異栄養症というものも考えられます。これは全身的な骨系統疾患であると言われています。 低身長症には他にも様々なものがあり、これは成長ホルモン治療が最も有効なものであると言われているので、低身長症がどうしても治らないというお子さんはこれらの治療を受ける必要があると言えるでしょう。 まずは低身長症であるかどうか診断が必要です。

身長と体重

image 身長と体重の関係というものが注目されています。理想体重判定というものでは身長と体重を比較することによって、理想的な身長と体重を求めていこうという手段です。しかしながらこの身長と体重の関係も完全なものとは言い切れません。 身長と体重の平均値というものも確かにあるのですけれども、それは年齢ごとによって大きく変わってきます。 身長と体重でぴったりと合う値を目指す、という事は体型改善にもつながるかもしれませんけれども、完全に決まっているわけではありません。 例えば身長と体重の関係で代表的なものには、BMIといったものがあります。これによって身長と体重から肥満度を割り出すことができる国際的基準値があります。 身長と体重の関係がぴったりと合っていたとしても、内臓脂肪などで実際は肥満だったという例もあるので、 身長と体重が全ての指標だという事は出来ないでしょう。 あくまで身長と体重は目安でしかありません。気にしすぎないことが大切です。

低身長症