日本人の平均身長

image 日本人の平均身長は小さいというイメージが付きまとっています。しかしそれは民族的な性質があるので、一概に日本人の平均身長について問題視する必要はないと言えるでしょう。 日本人の平均身長が小さいというイメージはもはや過去のものとなってきています。日本人の平均身長はここ50年間で急激に伸びてきており、欧米に追い付こうかという勢いを持ってきています。 例えば、1935年ごろの日本人の平均身長は、男性が162cmであり、女性の方はというと150cm程度でした。 しかし現代の日本人の平均身長は20歳を基準と考えて、男性が170cmで女性が158cmとなっています。こう言った事から考えても日本人の平均身長は確実に伸びてきており、昔とは違い、栄養が取れる食材をしっかりと食べる事が出来るのだと言われていますね。 しかしここ数年日本人の平均身長も伸び悩んできています。これ以上日本人の平均身長が伸びるという事はないと言われていますが、果たして日本人の平均身長がこれ以上伸びる必要はあるのでしょうか?

世界の平均身長

image 世界の平均身長がどのくらいになっているのか、日本人の平均身長は有名ですけれども気になるところですね。もちろん世界の平均身長と日本人の平均身長を比較しても仕方のないことなのですが、世界の平均身長を知りたいという人は多いようですね。 世界の平均身長でもアジア各国は日本とそれほど変わりません。中国、韓国といった国はほとんど日本と変わらないと言ってよいでしょう。 北朝鮮などは正確なデータがないので何とも言えませんが、日本人とあまり変わりません。 世界でも平均身長が高いと言われる国はドイツです。その平均身長は男性は180cmで、女性は168cmと、日本よりも10cm以上高いので圧巻と言えるでしょう。食生活はほとんど変わらないので、ドイツなどの世界の平均身長は遺伝子的な要素が強いと言えるでしょう。 しかしそんなドイツをもしのぐ平均身長を持つ世界で一番高い国はオランダです。男性が182.5cm、女性が170.5cmと考えればどれだけ高いかがお分かり頂けるでしょう。

日本人と世界の平均身長