赤ちゃんの平均身長

image 赤ちゃんの平均身長が気になる人も多いかも知れません。出産の体重が4000g以上の赤ちゃんは巨大児として定義されるらしく、日本では2.5%ぐらいの確率で出産されます。 しかし赤ちゃんの平均身長は日米では異なるので、巨大児の定義もあいまいであると言われています。 赤ちゃんの平均身長と体重はめまぐるしく変化をしていきます。ほぼ日単位で変わっていくと言われており、150日ほどで20センチも赤ちゃんの平均身長が大きくなると言われています。 赤ちゃんの平均身長はまだまだ発育過程の初期の段階ですから、赤ちゃんの平均身長があまりにも小さすぎる場合は心配かもしれませんけれども、小さい体で生まれてきた赤ちゃんも、大人になれば立派な体になるという事を考えれば、赤ちゃんの平均身長もそれほど心配になる必要はないと言えるかも知れません。 赤ちゃんの平均身長はまた、育児によっても大きく変動するものです。しっかりと発育しているかチェックしていきましょう。

幼児の平均身長

image 幼児の平均身長がどうしても心配になってしまうご両親が多いと言われています。幼児の平均身長は非常に分布の幅が広いので、一概に決めつける事はできません。しかしながら、日本の幼児の平均身長はその年齢だけでなく、月によっても大きく変動していきます。 その幼児の平均身長は、男女によってほぼ同じとなっており、生まれたばかりのころは、わずか一か月で2cm近くも身長が伸びていくことになります。 1歳を過ぎたあたりからこの幼児の平均身長も、おおよそ1cm程度の速度になりますが、これも赤ちゃんによって異なるので、伸びていく子もいればそれほどでない子供もいます。 幼児の平均身長としては3歳くらいまでに85cm〜95cm程度となります。男女ともに限らず、体重や知能、運動能力はどんどん発達し、成長していきます。 幼児の平均身長は、一気に伸びていく時期でそのバラつきも大きく異なります。幼児の平均身長をあまり気にしすぎない方が、幼児のためにもなるでしょう。

赤ちゃん・幼児の平均身長